FC2ブログ
最近よく聞く話ですが、

若者はすぐやめてしまう。

このフレーズ、大変よく聞きます。
当事務所での20代職員は最近はやめておりません。
なぜか、考えます。

若者は自己実現に重きをおきます。
「やりがい」というものです。
これを仕事に当てはめて就職します。
でも思い通りとはいきませんよね。
その次に彼らは職務をやりがいに結びつけようとします。
これに挫折してやめてしまいます。

このようにモチベーションが全く安定していないので
とても不安定な状態で仕事をしているのです。

ではどのようにこの不安定な人たちをコントロールすべき
でしょうか。

私どもの事務所では
①コミュニケーションの質に気を使います。
 見て分かれ!は古いのです。
 きちんと説明し、伝え合うことが大切です。
 わかりませんと言って先輩を自分のデスクに呼びつけます。
 できないことに責任を持ちません。
 そんなレベルなのです。
 毎朝のミーティング、こまめな声がけ、平等な評価と待遇
 これに気をつけていけば、育ちます。
②無理をさせないようにします。
 早くに帰りたいものもいれば、残業をしたいものもいます。
 それぞれにあった仕事内容にしてあげて、好奇心を持たせる
 ことが定着に繋がると思います。
③古い慣習は捨てて、若いエネルギーを共有することを模索します。
 みんなで作り上げるのです。昔はとか、過去は、などは不要。
 将来のことをみんなで作ることに全力をそそぐべきです。

こんな感じに考えてます。20代の離職率が70%だったのですが、
今年の退職者はありません。このまま2020年を迎えられたら
20代の離職率100%の事務所として自慢しようと思います。


岡部

暑い夏。
思い出した、ブログの存在。
なぜか、ブログを見たという不思議な問い合わせがあり、
そうだ、ブログがあったと思い出しました。

しかし、このブログ、更新回数が低いのに見たとか、
凄いなと思います。HPから流れたのだと思うのですが、いつの
ブログの記事かと思うぐらい古い内容を言われて、驚いてしまいます。

たまに更新しようかなぁと思う、今年のお盆です。
携帯電話からの写真の取り込みが簡単にできるといいのだけどなぁ。
IT関連は歳とともに理解が難しい。

岡部

1週間ぶりにブログに立ち寄りました。

15日締めのクライアントが多く、給与計算がとても

大変な週だったので、仕事だけしていた感じです。

そんな期間もすぎ、あとは末払いのクライアント3件のみ

となり事務所内いつもの雰囲気になってました。

この雰囲気がいいね~と思います。

職員を増員しているので、これからもっと余裕のある

仕事を職員がしてくれることを期待しています。




私が、今読んでいる本「バカになれる男」の魅力 

という本。色々あるのですが、内容の一つに仕事に関する

ことが書かれてます。

これに共感しました。遊び感覚でのめりこめる楽しい

ことを仕事にする。私にとって、社会保険労務士の

仕事はまさに、この感覚で仕事ができてます。

どんなにきつくても、長時間でも楽しいからいくら

でもやれる。いつも楽しくて仕方がない。

天職など言われたこともありますが、そんな

大したことしてません。

ただ、楽しいからいくらでも時間を使って仕事します。

他にも飲みにいって騒いだりする時間も大切にしてます。

でも今の仕事は、趣味のような感覚でできてます。

そんなきもちでできる仕事に巡り合えたのは、幸運です。

前職での経験からのめぐりあわせですが、

運命だったのかと思います。

これからも苦難はあると思いますが、楽しんで

進みたいなぁ。あ~、ブログ書くのって難しい。


今日は朝から打ち合わせが続く

午前 1件、午後 2件

東横線沿線で午前中は打ち合わせ
とてもステキな事務長さんとミーティング
優雅で、そして言葉遣いも丁寧な方。
事務長さんを見習って、礼儀正しくしようと思う。


午後は市ヶ谷で2件
サービス業の社長と夫人とで打ち合わせ
気さくな社長と、しっかりされた夫人
色々お悩みがありますが、まずは今あるものを
進めましょうとなりました。

このあと、もう一件です。
今日はこんな感じで終わります。


事務していないので、状況が不安ですが、有能な職員
キッチリ行ってくれていると思うので、お任せでいいよね。
大丈夫だと思うことにします。

空き時間1時間、市ヶ谷のルノアールでした。


ガーーーーーん

ブログが途中で消えた

流石にショックなので今日は終わり